So-net無料ブログ作成
検索選択

身近な鳥の生活図鑑 [本]

PC020091 (480x640).jpg
 
三上 修
 
身近な鳥の生活図鑑 
 
スズメ、ハト、カラス、ツバメ
 
町の鳥たちの
 
知られざる生き方
 
 
身近な鳥の生き方には発見が沢山!
 
*すずめの巣はいったいどこにある? 
 
*求愛に邪魔なスズメを投げるハト
 
*カラスの種類はイメージで見分ける
 
*仲間の雛を巣から落とすツバメ
 
*ハクセキレイが尾を振る不思議
 
*コゲラのユニークな動き
 
***
 
スズメのことをもっと知りたくて、読んでみました(^・^)
 
すずめ 白いエサ皿 (3).jpg 
 
 

nice!(29)  コメント(8) 

花のレクイエム [本]

P8186474 (640x480).jpg 

花のレクイエム 

Requiem  Florum

 

 辻邦生 

 

銅版画 

山本容子

 

新潮社

 

 

1995年、雑誌「挿花」に「12の花物語」のタイトルで

山本容子さんの版画と共に、見開き2ページの校正で連載され

1996年11月15日に、新潮社から発行された本

装幀/渡辺和雄 装画/山本容子

 山茶花 アネモネ すみれ ライラック クレマチス 紫陽花

百合 向日葵 まつむし草 萩 猿捕茨 クリスマスローズ

1月から12月まで、その月に咲く花にまつわる短編集です

 

辻邦生さんの本との出会いは

春に出かけた、「ボッティチェリ展 」で、Y氏が買った1冊の文庫「春の戴冠(たいかん)1」

 

P8186476 (640x360).jpg

辻邦生さんにはまったY氏は、ネット通販で古本を探しだし

新装版の他数冊お取り寄せし、「花のレクイエム」もその中の1冊

 

「春の戴冠」 

美と倫理の葛藤に生涯を全うした画家ボッティチェルリを中心に

花の都フィレンツェの栄光と没落を描く辻文学の金字塔・・・ 紹介文から

絶対面白いと思うのですが・・・ 1ページぐらい読むと眠くなってしまうんですよね~^^

 

P7256000 (640x480).jpg 

スカビオサ(西洋松虫草) 

 

 

今日明日は、遅めの夏休みが取れたY氏とお泊り遠足に出かけてきます

ブログの訪問コメントは帰宅後に参ります

皆さまもよい週末をお過ごしくださいね

(^^)/~~~ 


nice!(47)  コメント(11) 

ほのぼの太宰治 [本]

P7255978 (640x480).jpg

 

新潮文庫 

お伽草子 

おとぎぞうし 

太宰治 

 

日本や中国の古典やフォークロア(民話や伝承)を下敷きにして

その上に作者の空想や批評を自由奔放に羽ばたかせている

解説(奥野健男)より 

 

 昨日、電車移動中に読んだ本

{清貧譚」・・・中国の怪奇小説をもとに、作者の豊富な空想で展開される短編

日本の江戸時代、菊を愛する貧しい青年が人間の姉弟に姿を変えた菊と蝶の精に出会い・・・ 

この清貧譚というお話がきっかけで読み始めました

太宰治というと暗いお話が多いのかな と思いきや

とても面白くて笑ってしまいますよ^^ 

 

P7225876 (640x360).jpg

 

暗さと明るさは紙一重なのでしょうね

 

お伽草子について解説者は

太宰治の全作品の中で芸術的に最高の傑作と考える。

中略

子供相手の誰でも知っている昔話を題材にし、しかもユーモラスな口調でふざけながらも

人間の宿命の深淵を見つめた恐ろしい作品であるのだ。・・・ などと解説しています。

 

お伽草子 / 瘤取り、浦島さん、カチカチ山、舌切雀

他、清貧譚を含む16話の短編集です

電車移動読書にピッタリ、それにしてもスマホ見てる人多いですね^^  

 

P7235929 (640x480).jpg

P7276022 (640x480).jpg

昨秋から咲き続けているビオラ 

 


nice!(40)  コメント(8) 

無私の日本人 [本]

P5314377 (480x640).jpg

 磯田道史 

文藝春愁

私たちの知らない強く美しい日本人がいた

本当に大きな人間というのは、世間的に偉くならずとも金を儲けずとも、ほんの少しでもいい

濁ったものを清らかなほうにかえる浄化の力を宿らせた人である。

この国の歴史の中で、わたしは、そういう大きな人間をたしかに目撃した。

その確信をもって、わたしは、この本を書いた。  

(「あとがき」より)

 

先日、「殿、利息でござる!」という映画を観て

 (出演:阿部サダヲ 瑛太 妻夫木聡 ほか /  監督:中村義洋 )

原作を読んでみようかなと、読み始めたところです。

 

 

 P6024398 (640x480).jpg

ヒマワリの苗と小雀ちゃん 

 

 P6024396 (640x480).jpgP6024397 (640x480).jpg

 P6024392 (640x480).jpg

2回目の抱卵と巣の補修に精を出す親スズメ 

 


nice!(39)  コメント(11) 

ルリユールおじさん [本]

わたしも魔法の手をもてただろうか。 

P2140234 (640x427).jpg

 

ルリユールおじさん 

 RELIEUR  ET  ROBINIER

 

 いせ ひでこ・作

 

P2140235 (640x427).jpg 

講談社の創作絵本

2011/4/11 第1刷発行

2012/12/10 第6刷発行 

装幀=岡本 明

 

P2140237 (640x427).jpg P2140236 (640x427).jpg 

ある朝、大好きな木の図鑑が壊れてしまって

パリの街の中、女の子は本を治してくれるというルリユールおじさんを捜し歩きます

たどりついた路地裏の工房の中へ入ると

 

「こんなになるまで、よく読んだねえ。ようし、なんとかしてあげよう。」

 

・・・ 

 

そうして生まれ変わった

おじさんのつくってくれた本は、二度とこわれることはなく

 

その後、女の子の進んだ道は・・・♪ 

 

***

 

木が大好きな女の子と、本造りの職人(ルリユール)おじさんとの出会いと感動のお話です。

この絵本は、作者がパリで製本職人の取材中

樹齢400年のアカシアの樹の絵を描いたところからすべてが始まりました。とのこと

カメラが苦手なためルリユールおじさんの工房の近くにアパートを借りて2年間通い

手仕事の60工程すべてをスケッチさせてもらったそうです 。

 

 RELIEUR は、

ヨーロッパで印刷技術が発明され、本の出版が容易になってから発展した実用的な職業で

日本にはこの文化は無い。

むしろ近年日本では、「特別な一冊だけのために装幀する、手工芸的芸術」として

アートのジャンルにみられている。

・・・中略・・・パリでも製本の60工程すべてを手仕事でできる製本職人はひとけたになった。   

 *あとがきより*

 

P2130186 (640x480).jpg 


nice!(49)  コメント(15) 

かわいいモンスター [本]

Seven Little Monsters

 Maurice Sendak

Seven Little Monsters

12,5×23㎝ 

実家から持ち帰った、センダック作の小さな絵本

子供たちは、怪物たちの巻き起こす楽しい物語が大好きですね^^ 

 

***

ハロウィンセールように、手作りいろいろ 

コルクと松ぼっくり

ワインのコルク栓と松ぼっくりで作ったツリー

 

ゆーかり、ラムズイヤー、スターチス

ユーカリとラムズイヤーのリース

 

ハロウィン

 

 


nice!(38)  コメント(8) 

ときめく小鳥図鑑 [本]

図書館で何度か借りていて、ついに書店でお取り寄せしてしまった本です^^

先ずは、使われている写真がとてもカワイイ!

普通の図鑑にはない、興味深い鳥に関するお話がイッパイ

著者の「小鳥大好き」の気持ちがギッシリ詰まった、心ときめく一冊です。

 

ときめくコトリ図鑑

 

ときめく小鳥図鑑

文:中村文  写真:吉野俊幸  監修:樋口広芳

山と渓谷社

 

上記の本の監修をされた:樋口広芳さんが、フランス語原版で科学アドバイザーを務めた

劇場版「WATARIDORI」98分に、新たな映像が追加された

DVD版「WATARIDORI」 ~もうひとつの物語~ 158分

鳥たちはどう愛情を育み、雛鳥を育て、また幾多の危険にさらされながら

渡りという大冒険に旅立っていくのか。


P9135143 (640x640).jpg


WATARIDORI

~もうひとつの物語~

新たな映像、新たな神秘。渡り鳥からのさらなる贈り物。

製作総指揮:ジャック・ペラン、ステファンヌ・デュラン、ジャック・クルーゾ

音楽:ブリュノ・クレ/編集:ジャクリーヌ・ファノ、カトリーヌ・モーシャン

監督:ジャック・クルーゾ

2003年フランス映画 日本語版ナレーション:永瀬正敏

***

紅葉


nice!(30)  コメント(9) 

猫語の教科書 [本]

 ある日、編集者のもとへ不思議な原稿が届けられた。

文字と記号がいりまじった、暗号のような文章。・・・suk@nt muwoq・・・

相談を受けたポール・ギャリコは、それを解読してもっと驚くはめになる。

原稿はなんと、猫の手による、全国の猫のためのマニュアルだった。

「快適な生活を確保するために、人間をどうしつけるか」

猫による人間のしつけ方 

猫語の教科書 

ポール・ギャリコ 

灰島かり 訳

スザンヌ・サース 写真 

ちくま文庫 

***

猫好きの次男Tが置いていった本

他にも

ミー太郎

 猫ピッチャー  そにしけんじ   中央公論新社 

どちらの本も、猫のかわいさがタマラニャイ(^_^) 

猫投手 ベースにすりすり

ミー太郎 1歳。プロ野球史上初の猫投手。ヨリウミニャイアンツ所属。 

 ***

朝顔の蔓にセミ

 朝顔の蔓にいたセミ

 


nice!(35)  コメント(9) 

わたしと あそんで [本]

あさひが のぼって、くさには つゆが ひかりました。

わたしは はらっぱへ あそびに いきました。 

 *** 

女の子が一人で原っぱへ遊びに行くと

ばった かえる かめ りす かけす うさぎ・・・

いろいろな生き物と出会います

「○○さん、あそびましょ。」

でも・・・声をかけて近寄ると、みんな離れて行ってしまいます

けれども、音を立てずに池のそばに腰かけていると

みんなが戻ってきて、そして・・・♪

大好きな絵本です! 

お気に入りの絵本

PLAY WITH ME

by

Marie Hall Ets

 

見開き父草の種

絵も色彩もやわらかく

赤ちゃんの出産祝いなどに贈ったりもします 

りんごちゃんからの便り

昨日届いた、りんごちゃんからの絵葉書の便り

メールもいいけど、やっぱり手書きの文字の便りは心にしみますネ

(^_^)

 


nice!(29)  コメント(9) 

THE SPRINGS OF JOY [本]

古本市で見つけた絵本
 
ガーデナーとしても有名な、ターシャ・テューダーの絵と
 
いろいろな人の言葉や詩が英文で書かれている
 
絵が気に入ったので、文章の意味はよく解からないけれど良しとして購入したものです
 
ある日のこと図書館で、日本語版を発見
  
SPRINGS OF JOY
 
 
 
裏表紙の絵が、表紙に使われていた
  
裏表紙
 
  
 
印刷の色
 
印刷の色は、微妙に違いがある
 
 
題名については、Yによると、springは、泉とも訳すとのこと
 
春は、喜びの泉のようですものね(^_^) 
 
 
苺
苺、実が成るかな♪

nice!(34)  コメント(12) 

野鳥観察 [本]

野鳥観察を楽しんでいる私に

Yが 「昔読んでいた本や、図鑑があるよ」 と

昨日、ふたりで実家に行きいろいろ持ち帰ってきました

野鳥の本いろいろ

絵本は、おじいちゃんから孫への贈り物、今では私のお気に入りです 

日本の野鳥1「にわこうえんにくるとり」 薮内正幸 ぶん・え

福音館書店 

 

***

 

20150308135526.jpg母へのお土産は、ささやかな花束と六花亭のチョコレート(*^_^*) 

 


nice!(34)  コメント(13) 

The Country Diary [本]

カントリー・ダイアリー

The Country Diary of an Edwardian Lady 

Edith・B・Holden    自然観察日記 1906年 

カントリーダイアリー

1980年3月10日初版  

著者*イーディス・ホールデン

訳者*岸田衿子 前田豊司 

 (注)翻訳、編集に協力 新倉俊一氏および串田孫一氏 

装幀*中島かほる

発行者*辻信太郎

発行所*株式会社サンリオ 

これは、イーディス・ホールディンが、35歳の時、四季を通じて英国の田園風物詩を、言葉と絵でかきのこしたものです。一語一語丹念に書かれた彼女の記録には、お気に入りの詩、折にふれての想い、また、ウォリックシアにある故郷の自然や、イングランドやスッコットランドの旅での観察の数々がしるされています。どのページも、鳥、蝶、蜂、草花のとても美しい絵で飾られ、彼女の自然に対する深い愛情が感じられます。それは、細心なナチュラリストの眼と芸術家のすぐれた感受性 によって描かれたものといえるでしょう。     扉書きより

デイジー

・・・おまえは野道に旅人を迎える

旅人のこたえるあいさつに

ためらわず ほほ笑みをかえし

見すごされても 悲しまない

ときたま ひとり離れた隠れがに住む

おまえに出逢う悦び

心の闇にさす光のような

ちいさな 慎ましい 紅の縁どりの花よ        

                                          バーンズ 

 

january

ローマの神janusの名をとって名付けられた月

_この神は互いに反対の方向を向く二つの顔を持つ者とされている_

過ぎた年を振り返り、来るべき年を予見するものとして。

・・・中略・・・ 

 

mottoes   

*一月に草が育つと かえって一年中 草の育ちは悪くなる* 

*一月雨なら 春は雨*

*一年中で一番暗い月は 一月という月*

「カントリー・ダイアリー」p1より 

*** 

この本は、古本市にてナント250円でした!

                     お気に入りの1冊です(*^^)v 


 [本]

プリンセチア 
 
 だれも知らない野のはてで
 
青い小鳥が死にました
 
       さむいさむいくれがたに
 
 
そのなきがらをうめよとて
 
お空は雪をまきました
 
      ふかくふかく音もなく 
 
人は知らねど人里の 
 
家もおともにたちました
 
       しろいしろいかつぎ着て 
 
 
やがてほのぼのあくる朝
 
空はみごとに晴れました
 
    あおくあおくうつくしく 
 
 
小さいきれいなたましいの
 
神さまのお国へゆくみちを
 
     ひろくひろくあけようと 
 
 
金子みすゞ童謡集  わたしと小鳥とすずと JULA出版局 より
 
童謡集 
悲しい出来事が続きます
心も体も凍えてしまわないように、温めあってすごしたいものです
 
***
 
 
焦げた取っ手焦がした取っ手のやかん 
 
 
青い灯 
ジャムを煮たり、焼き芋作ったり(#^.^#) 

週末、森で [本]

落ち込んでいたときに、友達のリンゴちゃんが送ってくれた本です。
 
週末、森で 
 
週末、森で 
益田ミリ
幻冬舎文庫
 
頑張って働いてへとへとに疲れちゃって、本読む元気もない時でもチラチラ読める4コマ漫画です
ふかふかの落ち葉の上を歩いてるうちに、だんだん元気が出てくる感じ(^_^)
 
 
ケイトウ
今朝の庭の花   ケイトウ 

好きな本 [本]

 
読書週間10/27~11/9ということで
M(みっちゃん)のお宝本の中から一つ紹介します(^^)

 読書週間
風信 ネイチャーブックス 2 
 
野の小さな花たち  
 熊田千佳慕    [絵と文] 
 
アトリエ風信  1995/1/15初刷発行
 
* 
 
箱カバーの絵はたんぽぽの綿毛
 
表紙にはツリガネニンジンの花の金箔の型押し
(画像は箱カバーと3ページ目の絵です)
 
控えめながら丁寧な装丁の お気に入りの本です
 
オオイヌノフグリからノブドウまで30種類の野の花が描かれていて

 それぞれに、くまちかさんのコメントと植物の学名が記されています
 
ささやかで、かわいらしい野草のスケッチ集です。 
 
「自然は美しいから、美しいのではなく、愛するからこそ美しいのだ。」
 
熊田千佳慕さんからのメッセージ  あとがきより 
 
この本は「貝のコトリ」という絵本とおもちゃのお店で定価の半値以下で購入しました♪ 
 
 
朝
今朝のお散歩写真 ベスト1 
くまちかさん風です (^^)
 
 
 
 

苺の妖精 [本]

妖精
THE SONG OF 
THE STRAWBERRY FAIRY 
 
A Flower Fairy Alphabet
Cicely Mary Barker 
 
昔チョコレートについていた花の妖精が描かれたカード
なかなか集められなかったけれど
この5冊(春 夏 秋 冬 アルファベット)を
古本市で見つけたとき迷わず購入しちゃいました
読み物は図書館で借りてもいいけれど
絵本は特別です(^^)
 
 
苺の葉に水玉
苺の葉に水玉 
 
 
 
 
 
 
 

Y(やっちゃん)の蔵書から [本]

センスオブワンダー

 

「The Sense of Wonder」

Rachel Crson

Photographs  by  Nick Kelsh 

英文なので、私には読めませんが 

写真の美しさに感動してしまう本です 

 29×23㎝と大きめの本なので、迫力があります

10月15日朝の空

 今朝の空

  歯をくいしばって耐えるカエル君

「センスオブワンダー」だケロ♪

 


「し」 を か く ひ [本]

ゆうべ
くりのきのとこ とおったら、さ
みのむしのやつ ないているのさ
こわいゆめ みたのだって
まだちいさいし、な
むりないよ
おれ あしたのぶんに とっておいた
そよかぜをだして ゆすってやった
みのむしのやつ わらってねむったぜ

あんまり かわいくて、さ
とうとう そよかぜ ぜんぶ
つかっちまって、さ
だから おれ きょう おやすみ
ひまだから 「し」 かいてるの

またまた、「のはらうたⅠ」 童話屋より
「し」 を か く ひ  かぜみつる です。

白コスモス

生きていく方法 [本]

就職しないで生きるには21  「偶然の装丁家」  矢萩多聞  晶文社
学校に行かなかった、
インドで暮らした、本をつくっている、
というのは多くの人たちにとって、特別で
個性的な人生に映るかもしれないけれど、
それらは単に今の状況を作り出す
ジグソーパズルの一ピースでしかないのです。
ぼくは、就職してもしなくても、
どんな仕事をしていても、目の前の仕事を
真剣に楽しみ、ほがらかに生きていく方法
無限にあると信じています。
(はじめにより)

昨日から読み始めた本 読み始めから面白くてワクワクします。
「気包紙」という紙を表紙に使用していて紙の本ならではの手触りなども楽しめます。
ほがらかにまだまだ咲きます

読書の夏 [本]

読書の夏
 最近書店で見つけた本です。
暑くて庭仕事は早朝か夕方しかできないし
家にいるとついテレビ視てしまうので(甘いものを共に)
涼しいところで読書が良い
しかし、出かけるのも暑くてチョットね
私の場合、病院の待ち時間が読書時間となる(^^)

 「ある小さなスズメの記録」 人を慰め、愛し、叱った、誇り高きクラレンスの生涯
 
 クレア・キップス  梨木果歩 訳  文藝春秋
  
老夫人と障害を持つ小スズメの心の交流を描いた記録、写真だけでも感動的です。
酒井駒子さんの装画、大久保明子さんの装丁も美しい本です。



 「たんぽぽの目」 村岡花子童話集
 
 村岡花子 文  高畠那生 絵    河出書房新社

NHK「花子とアン」に登場
 みみずの女王、たんぽぽの目、ナミダさん他30代~40代に書かれた26編を掲載
大人も子供も、想像力の翼を広げられます。
羽ばたく